ちゃるごクライミングジム、新たな難易度が登場

ただでさえ難しい課題が多いのに、更に難しい課題が設定されたの!?と思った方、残念ながら(?)そうではありません。新たな難易度の登場は、いわば「課題の幅が拡がった」と解釈すると良さそうな話です。

以前、テープ課題の難易度設定については以下の様に書きました(引用します)。
ちなみに表示は
・易しい~難しいで7段階に色分け
・易しいほうから順に、オレンジ・赤・黄・青・緑・白・灰
・級にすると、オレンジ:10~8級、赤:8級~7級、黄:6~5級(ここから足限定課題)、青:4級~3級……
といった感じだったと思う。
マンスリー等はそれぞれ、該当レベルより少し難しくしてあるように感じる。
ちゃるごさんは他のジム、例えば姫路駅近くの某店と比べると、級の表示と実際の課題の難易度が乖離してるというか、辛めに思います。たとえば足限定が始まる黄色は5~6級とありますが、某店では足限定は5級から。かつ、某店の5級はそこまで難しくないというか、同じ「足限定が始まる」課題としての難易度で比べると、ちゃるごさんの課題は難しく、かつ長い(壁が高い)です。
 この赤と黄について、結構難易度の幅が広いんですね。同じ赤(黄)でも、一撃出来るのもあれば、なかなかクリア出来ないのがあったりするわけです。また、黄は赤の次の難易度なわけですが、その差が大きく、赤が全てクリア出来ても、黄は1つもクリア出来ない……なんてことがありました(僕だ)。

そこで今回、赤と黄の間に「水色」という難易度が登場しました。水色のテーマは「手は悪いが足は自由」といった感じだそうです。もともと黄やマンスリー黄にも足自由課題がありましたが、あんな感じですね。

作成された水色課題は、新たに作成されたものもありますが、元々黄だった課題を足自由にして、少し手直しした課題が多いです。従って、以前は足が難しくて(ないしリーチの問題があって)なかなかクリア出来なかった黄が、水色となってチャレンジしやすくなったとも言えます。実際に、僕も一通り水色は触ってみて、大体クリア出来ている状況です。やはり足が自由になって選択肢が拡がった影響は大きいですね。

リーチ等がピッタリ合う人は、足は自由より制限されているほうが登りやすい(考えなくて済むため)という方もいると思います。けれど足を工夫して登るという楽しみもあると思いますので、これはこれで良いのではないでしょうか。何より「赤は行けたけど黄が全然進まない、もうダメだ」と感じてた人にとって、新たなモチベーションとなって、水色が終わる頃には黄も(今まで以上に)狙えるようになっているはずです。きっと。

そんなわけで、初級者にグッと優しくなったちゃるごクライミングジムに、是非遊びに来てください。初級者仲間が増えることを祈って……

0 件のコメント :

コメントを投稿