【GW2】 WvWのマップに大きな変化が!

公式リリースにもあるように、WvWのマップ…Borderlandに大きな変化が訪れました。
Borderlands Bloodlust in World vs. World

具体的にはマップを見たほうが早いです。これです(公式Forumから引用)↓
https://dviw3bl0enbyw.cloudfront.net/uploads/forum_attachment/file/102046/Bloodlust_Capture_Points.jpg


このように、Borderlandの海がほぼ埋め立てられて、新たな攻防の要素が追加されました。
何が起こるかについて、以下のページから引用しますと……

WvW ボーダーランド埋め立て計画

  • 内海が埋め立てられ、5つの占領地が追加される。
  • それぞれの占領地にはキャノンが用意され、これは10サプライで組み立てられる。
  • 5つの内、3つ以上を占領し、2分間占領を維持するとBorderland Bloodlustというbuffが自軍全体に与えられる。
  • Buffの内容は全てのアトリビュートに+50と、敵プレイヤーを「ストンプ」で殺した際にWar Scoreに1ポイントの加点が行われる。
  • 3つのボーダーランドで得られたbuffは重複する。(3つのbuffを得ていた場合、Stompで3ポイントの加点が行われる)
  • 占領地の占領度は、誰もノードの中にいない場合、徐々に減衰する。
  • 一旦取得されたbuffは、占領地を失っても即座に失われるわけではない。(おそらく他の軍勢がbuffを取得するまで続く?)

Buffがエグいですね。3つのBL全てを抑えれば+150です。

各拠点はPvPマップにおけるキャプチャポイント(以下CP)と全く同じ仕組みになっています。従って踏む・踏ませない攻防が巻き起こるでしょう。しかしPvPとは異なり、お互い人数は不特定で、2つではなく3つの軍勢が集う可能性もあります。また、場所は固定ですがブループリント不要で10サプライ(1人で運べる量です)で建てることが出来る固定キャノンや、周囲の野外や拠点に設置したシージによる攻撃もあるでしょう。PvPのように限定された環境ではなく、何でもありなわけです。面白そう。シージによる支援については、以下のページにも記載がありました。

New Borderland First Impression
  • 重要なのは上二つはGarrisonからSiegeによるサポートが可能な点。
    特に北西はバリスタによる支援もできる位置。
  • 南二つはTowerから支援できるかと思いきや、地形的には難しい位置。
    逆にTowerを攻める手が増えた感じ。
自分でも実際に、右下のCPから右下のTowerにTrebが当たることは確認しています。他にも色々考えられそうです。

各CPの様子ですが、少し遊んだ感じでは以下の様な印象でした。便宜上、「北東」「北西」「南東」「南西」「南」と呼びます。

  • 北東:西側を森、東側を廃墟の囲まれたCP。普通は左側から入るが、廃墟の裏側(西側)にあるJPっぽい階段から上に上がれそう。廃墟の西側(CP側)に階段があり、キャノン設置場所に上がれる。西側の森に隠れた敵に撃たれそう。
  • 北西:周囲を少しの海に囲まれた島状のCP。全体が廃墟になっていて、西側と、南側の階段からCPに入れる。キャノン設置場所はCP東側の廃墟の高くなっているところ。外の様子が分かりにくい。
  • 南東:タワー状のCP。南側に階段及び折り返し勾配があってCPに至る。CP自体が高いところにあるが、更に高いところに登るとキャノン設置場所がある。シタデル、ガリスン、ヒルに次いで高い建物(だと思う)。
  • 南西:南北にある水路を潜って入るCP。闘技場の跡地で、すり鉢状になっている。外の様子はあまり見えない。
  • 南:BLの既存の南の島のようなCP。

今回の追加要素ですが、先に述べたように大きなBuffが全軍に(噂ではNPCにも)付くため、BLのみならずEB含めたWvW全体に大きな影響を与えそうです。しかも1vs1ならば技量でカバー出来る部分もあるかもしれませんが、Zerg同士のぶつかりあいだと、どうでしょうか。いや、1vs1でも技量に優っていてもBuff&装備で押し切られるシーンがあるかもしれません。

当面は物珍しさから、単に遊ぶだけのプレイヤーが多いんじゃないかと思いますが、すぐにWvWの戦況にどう影響を与えるか、戦略が練られることだと思います。シージてんこ盛りで立て籠もる軍勢なんかもあったりして……(Tower状のCPや、水路を通って入るCPは特に籠りやすそうです)

ところで、埋め立てられてしまった海に済んでいたクアガンやクライトたちは一体何処へ行ってしまったのでしょうか。公式リリースに答えがありました。

  • To make way for the ruins, the quaggan and krait have been removed entirely, as well as all the content related to them.

嗚呼……

0 件のコメント :

コメントを投稿