年間マイカー維持費の一例

2010年と古いのだが、NEWSポストセブンに「年間マイカー維持費はタクシー初乗り1100回分との試算」という記事があり、それが昨日Twitterで流れてきていたので、自分のところは実際どのくらいだろう?と試算してみた。

記事には
 平均的なマイカー(200万円)を購入した場合、年間のコストはいくらなのか。藤川氏に算出してもらった。
 車体の費用200万円を、60回払いのローンで払うとすると、月々3万5000円で年間42万円。駐車場代は月1万円として年間12万円(ただ し、都心部なら月3万円は下らない)。これらに加え、車検代(1年あたり7万5000円)、保険料(5万円)や自動車税(3万4500円)は、車に乗らな くても毎月かかるコストだ。
 さらに、ガソリン代、エンジンオイルやタイヤ交換といった整備費用、高速代や外出時の駐車場代がかかる。これらは乗らなければ抑えられる費用だが、平均的にはこれだけで17万6000円。マイカーを維持するためだけに年間80万円以上が消えているのだ。
 とある。これと我が家のマーチ(2002年購入)を比較してみる。

 ざっくりこんな感じだ。単純に言って、半分になる。
以下、若干補足する。

■購入費
都市部で想定しているのは、1.5~1.8Lの5人乗り、セダンやワゴンであろう。それに比べるとこちらは1.2~1.5Lの原則1人乗り(一応5人乗り)なので安くついて当然だ。
支払も、ローンではなく一括で買っている。これは貯蓄の状況次第なので何とも言えないが、生活に車が必須なので、お金の融通はつきやすいかもしれない。

■駐車場
記事には都心だと3万円をくだらない……とある。逆に地方でもそれなりにかかるケースもあるが、持ち家の敷地内ということで無料で済むケースも多かろう。

■車検代
記事では年額で記されているようだが、実際には新車なら3年後、以降2年ごとなので若干異なると思う。

■燃料交通費他
記事には内訳は記されていないので比較しづらいが、通勤その他で年間2万㎞乗っている自分の例を元に計算してみた。さすがに乗る距離が多いので高くなってしまう。


ただしこれは、車が生活に必要な地方での例になるので、記事が想定している都心部での例とは事情が異なるのは当然。それでも、「生活に車が必要ない地域」と「必要な地域」の比較にはなろう。

記事には、車が必要な地域ならば、軽自動車にすべき……ともある。
軽自動車はパワーを求めると燃費が極端に悪くなるが、最近のミライースなどは(今の規格にしては)軽い車体に、燃費を追求したメカで、そのあたりも十分許容できる範囲なので、自動車税などの優遇も相まって、積極的に選ぶべきかもしれない。

ちなみに、会社からは交通費が月に2万円ほど出ているので、これまた単純に比較すると、ほぼペイ出来ている計算になる。都市部で電車通勤する人と大差ないのだ。そう考えると、ますます都市部で車を持つことの贅沢性が浮かび上がってしまうわけだが……

なお、田舎の我が家ではこの他にミニバン1台、軽1台、軽トラ1台がある。乗る人もそれだけ多いのだが、なんていうか都会の方からすると贅沢なのかもしれない。

0 件のコメント :

コメントを投稿