加古川のボルダリングジム「レッドクリフ」

初めてボルダリングを体験したジム「レッドクリフ」に、約2年ぶりに行ってみた。場所は加古川バイパス・加古川インターチェンジを降りて北に向かってすぐ、マクドナルドの向かいという好立地。

■設備
入ってすぐにある受付で手続きを済ませるとロッカーの鍵をもらえ、荷物を入れることが出来る。ロッカーはフロア奥の壁沿いに直接置いてあって、その隣に服飾店の更衣室みたいにカーテンで区切られた男女共用の更衣スペースが1つある。手洗いとトイレは受付の横に男女共用のものがあった。

冷暖房は(冷房は季節的にチェックしなかったが)ストーブががんばっていて、そんなに寒いとは思わなかった。ただマット以外のフロアがコンクリートにクロスを張っただけの床なので、素足では冷たいと思う。

■壁
面積的には、同じ加古川にあるハイマートベルクと同じくらいありそう。ただし垂直(気味)の壁が多いことと、ルーフ(水平な壁にぶら下がる)があることが違いだろうか。ルーフは神戸~姫路間ではロックガーデン神戸とここにしかない(と思う)。以前来た時と違ってハリボテが増えていて、更にテクニカルになっていた。

■課題
10級~1級がテープで設定されているが、最近コンペがあった後に一部のホールドを入れ替えており、途中やゴールのホールドが無い(テープが途切れている)課題が少しあった。難易度的にはキオラブロズ的、つまり少々難しい。低難度の課題でもしっかりと持てるガバはあまりなく、足元もよく摩耗したホールドが多いためだと思う。ハイマートベルクで最高4級、キオラブロズ&グレイシャーポイントで5級程度の自分が、ここでは8級で苦労したものもあった。しかし何故か7級や6級はスイスイ行ける課題もあったりして、幅があるなあと感じた。

課題の傾向としては、普通に上に上に登るものと、トラバースを交えたものとが半々くらいか。5級以上は触りもしていないので何とも言えないが。ルーフは5~7級は1つずつしか課題がなく、難しい課題ばかりのようだった。

■お得な点
チョークが無料で借りられる、というか大きめのバッグがフロアに置いてあるので自由に使えるようだ。また、利用料金が比較的安価だと思う。非会員2000円、会員1500円(年会費1500円・2年目から500円)、5回行くと1回無料のスタンプカード有、など。

■残念な点
グレイシャーポイントと同じく、このジムもマットに難がある。薄く柔らかいものが敷かれていて、角度や高さがあるところだけ少し厚くなっているが、総じてあまり良くない。壁際では床が見えているところもあって、注意が必要だと思う。腰が悪いこともあり、基本的にこのジムに限らず登ったら全て下までクライムダウンしているが、いけるかどうかチャレンジするような状況では、このジムのマットではちょっとチャレンジ出来ないなあ、という印象を受けた。幾ら自己責任とはいえ、安全対策は万全にしてほしいと思うのだが。

また、更衣室やトイレなどは大手のジムに比べると設備的に若干見劣りするかと思う。グレイシャーポイントの更衣室のように、外から膝下が見えるほどカーテンの丈が短くないのは幸いだが。



近くて比較的安価に登れるジムなので、出来れば今後も時々は行きたいと思う。マットにだけは気を付けて……

0 件のコメント :

コメントを投稿