健康診断

毎年1回受診している健康診断だけど、今年は生活習慣病予防検診だかなんだかいう、35歳になったら1度受けなければいけない検診の年だった。これを過ぎれば40歳までは今まで通りの健康診断で、40歳からは毎年人間ドックだとか。歳を感じる。

今年の健康診断では、初体験の検査が2つあった。1つは大便検査、もう1つは胃のレントゲン撮影、いわゆる「バリウム検査」だ。前者は俗に言う「検便」というやつだけど、多分用具も進化してるのだろう、ささっと終わるものだった。ただ、最近カロリー制限を行っている関係で、便そのものの量や回数が激減しているので、無事採取出来るかどうか、検査当日まで冷や冷やしていた。

後者のバリウム検査は、人から色々聞いていたり、自分でもネットで調べてみたりして、だいたいどんな感じかはイメージしていた。けれど、まさかあんな機械に載せられてぐるぐるされるとは思わなかった。振り回されながら「ああ、宇宙飛行士の訓練ってこんな感じだろうか……」なんて思い浮かべながら、バリウムで満たされた胃を持て余しているとやがて検査は終了した。結果はどうであろうか。

近頃は風邪も含めてあまり病気をしておらず、不調を感じることもほとんどないので、多分大丈夫だと思うけど、それでも分からないのが生活習慣病だから、油断しないでいよう。


0 件のコメント :

コメントを投稿