新年のサッカー観戦

個人的な主観として、日本は、大晦日~年越し~元旦~三が日、と行事が続きますが(我が家では餅つきも加わります)、海外ではクリスマス前後にまとまった休暇があり、新年というか年末から仕事開始というところも少なくないようです。

海外のサッカーも、寒さが厳しい北欧やドイツなどを除いては、年末や新年からリーグ戦が再開されていて、日本から観ていると「よぅやるな~」という感じですが、あちらでは普通のことのようです。

さて新年のサッカー観戦というと、国内では天皇杯決勝、海外では諸リーグのリーグ戦となりますか。前者は録画したものを観ようとしたのですが、録画モードをHDD容量をケチるためにVRモードにしていたため、画質が地デジ未満となっており、すっかりデジタルに慣れた目では観る気になれず、断念しました。贅沢ですね。後者は、昨年から加入して熱心に観ているリーガ・エスパニョーラの新年最初の試合を幾つか観ています。

まず1試合目、バルセロナvsビジャレアル。
この試合、コタツの中から眠い目をこすりながら観ていたというか、半分寝ていたので、あまり記憶がありません。ドス・サントスが出ていたことに気づいたのが交代した時ですから、相当です。イブラが常人ならヘディングする高さのボールを胸でトラップしてたり、シャビのトラップが神がかっているのをボーっとみつめていたような気がします。しかし1-1のドローということで、レアル・マドリーとのポイント差が気になることになりました。

2試合目、バレンシアvsエスパニョール。
昨年からWOWOWに加入したのは、エスパニョールに移籍した中村がどんなサッカーを見せてくれるのか観戦したかったからですが、案の定というか何というか、いまいちチームに溶け込めない彼。最近は出番もめっきり減ってきましたが、この試合でもスタメン落ち。すっかり観る気がなくなったので(シルバ欠場してるし、エスパのサッカーはアレですし)、中村が(出たら)出たとこだけ観ようと早送りすると、よかった、結構長く出たじゃないですか。しかし、最終的には0-0で逃げ切ろうとする監督の思惑とは逆の選手起用となってしまったので、活躍の場はみせられませんでしたね。もっと走れる選手なら別だったかもしれませんが、彼は使われるより使うほうが得意みたいなので。しかしこの敗戦で、前節の快勝が微妙に翳ってしまったようなエスパニョール、どう立て直していくのか、そして中村の去就は……

0 件のコメント :

コメントを投稿