岳の実写映画化

僕の好きな山岳救助シーンを舞台にした漫画「岳」が実写映画化されるそうです。2011年公開予定、キャスト未公開とのこと。気になるのはやはりキャストと、どんな作品になるかです。

作品の構成としては、救助シーンや人間ドラマをメインにしたシリアスかつソウルフルなものになればよいなぁと思っていますが、キャストによっては微妙になりそう……安易なキャスティングは避けてもらいたいところです。

おそらく作品としては、他の山岳映画と比較されることでしょう。昔の作品はともかくとして、最近であれば「剱岳 点の記」と比べられることは間違いなし。あちらは映像的にも内容的にも相当なものだと僕は思っているので、ちょっとやそっとでは太刀打ち出来なさそう。幾ら人気漫画が原作とはいえ。

そこで、やはりモノを言うのがキャスティングですが、勝手に予想してみることにしました。まず主人公である島崎三歩ですが、条件としては「演技が出来る」「体力・運動神経に優れている」「体格が良い」などが挙げられるでしょうか。それを満たす俳優となると、まず思いつくのがケイン・コスギ。演技力は?ですが、朴訥とした三歩の役柄であれば、十分演じられるのではないかと。それに彼は何と言ってもリポビタンDのCMという、強力なイメージがあります。ちょうど今放送されている「クレバスラダー編」は、まるで映画の撮影の合間に撮影したんじゃ?みたいな内容とタイミングです。

他に考えられる俳優としては、坂口憲二とか、山本太郎とか。しかし前者は彫が深すぎると思いますし、後者は逆に温和すぎるかな、とも思います。山本太郎は玉木宏と競演した「氷壁」など、アウトドアでの実績もあるので適任とも思いますが……

三歩以外のキャストとして思いついたのは、久美ちゃん役として女優の水野裕子さん。美人過ぎる感じもしますが、運動能力は申し分ないので、どうかなーと。どうでしょう。

とあれこれ考えてみましたが、自分が作る作品でもなし、出来上がったものを鑑賞し、評価すればいいだけのこと。前向きに楽しみに待ちたいと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿