【Diablo3】 将来のアップデートに望むこと

妄想、願望レベルの誰でも考えるようなことですが。思いついたことをまとめておこうかな、なんて。

■GEMの追加
  • 現在あるような特定のステータスや能力値をアップさせるものの対象(ASを上げるものとか)を拡大するGEMの追加
  • レジェンダリーやSETアイテムにあるような、特殊能力を付与するGEMの追加

後者は前作のルーンみたいな感じでしょうか。幅が広がって面白くなりそう。


■装備耐久度の仕様の見直し
  • 修理の回数に応じて、最大耐久度が減少(徐々にくたびれるイメージ)
  • 1回の修理の度合い(戻る数値)に応じて、最大耐久度が減少(大きなダメージを直すには全体に影響が出るイメージ)
  • 大きなダメージを受けると、最大耐久度も減少(同上)
  • ただし耐久度はゼロにはならず、最低でも1は残る(形は保たれる)
  • 敵のレベルと装備のレベルによっては、全く壊れないこともある(雑魚は傷すらつけられないイメージ)

これによって市場には
  • 新品(同様)品
  • 長く使われていてくたびれているがまだまだ使える品
  • 比較的新しいが大規模修理が必要な品
  • もう引退が近い品
  • 並べておくだけの記念品
が出回ることになり、利用者のニーズに応じた価格がつくことになると思います。
また、買う→しばらく使う→高値で転売といったことがしづらくなり、流動性も増しそうです。
ああ時間の経過で少しずつ痛む(皮革などは手入れしないと痛むものです)ってのもありかも。そうすれば寝かせておくことも出来なくなりますし。


■グラフィックの強化
  • キャラクターがスキルを使用した際などに、装備している武器で描かれるようになる(PCへの負荷増大)

取り急ぎ、これに尽きます。Monkやってると特に思います。
でも明らかに片手で殴ったりしてるグラフィックで両手武器もってたら変ですね……ううむ


■スキルの仕様の見直し
  • 各スキルごとに習熟度を設定し、よく使うスキルほどより高い効果を発揮する
 今でもLv60になるまで最大効果は発揮出来ないスキルはありますが、Lv60がスタートラインと化している現状ではあまり意味がなくなっています。前作に近い感じになりますが、習熟度を設定することで、よりスキルに愛着が増す(そうせざるを得ない)ことになると思います。却って使われるスキルが偏る可能性もありますが、パッチごとにバランスを調整している現状を踏まえると、これ!と見込んだスキルでずっと勝負するか、パッチごとにコロコロ変えるかのどちらかになって、一喜一憂の振れ幅が増すのではないかな、と。


また思いついたら追記しようかと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿