復調の証

急性腰痛の発症から1ヶ月。痛みもほぼ無くなり、歩く上では全く支障が無くなったと思われるので調子をみるために近所の城山を歩いてみた。城山の山頂まで(登山口まで、ではない)は、自宅から徒歩15分くらい。そこから尾根道が少し続き、折り返し点まで往復して帰宅しても1時間半というところ。

実は2週間前にも同じ道を歩こうとしたのだが、その山頂までたどり着くことが出来ずに途中で引き返してきていた。その日よりも具合は良いし、幾分厚着をして暖かくしているので、自宅を出る前から今日は行けるだろうという感触があったのだが、果たして無事往復することが出来た。

これから寒くなっていくので注意は必要だが、トレーニングも含めて徐々に負荷を上げて、冬山に挑みたいと思う。



ところで、今回新しいウェアを手に入れたので試してみた。自衛隊御用達?のショップで売られていたトレーニングウェア上下だ。(以下URL)
http://item.rakuten.co.jp/shop-senjin/9103/

軽量吸汗速乾保温を謳った化繊のもので、これをインナーとして使ってみた。上はその上からモンベルのライトシェルジャケットと、防風強化のためゴア2.5レイヤーのアウターを羽織ってみたが、しばらく歩くと暑くなってアウターは脱いでしまった。1時間半行動する頃には背中に少しの汗を感じたが、それなりに吸汗し速乾した結果だと思う。気温は8度くらいだったので、汗自体どの程度かいていたか不明だが……。下はその上からメッシュインナー付のパンツを履いたが、こちらも若干暖かすぎたように思う。この程度の気温なら、インナー無しのパンツで良さそうだ。これからもっと寒くなっていく中で、どこまで使えるか分からないが継続して試していこうと思う。

0 件のコメント :

コメントを投稿