坂本美雨 『Waving Flags』

音楽のことをblogに書くのは初めてかもしれません。

僕が以前から、その話し声が大好きな坂本美雨さん。よくラジオを聴いてるのだけど、先日の放送でNEWアルバムを出すこと、そのプロデュースをされた方(蓮沼執太さん)がゲストに来ていたこと、NEWアルバムの中から表題曲でもある『Waving Flags』がかかったこと、それを聴いて「あ、これいいかも」と思ったことから、早々にNEWアルバムを予約したのでした。

坂本美雨さんの歌は少しだけど聴いたことがあって。その時は正直そこまで響いてこなかったんですね。僕は歌を聴く時、あまり歌詞にはこだわりはなくて、音とかリズムとか声のトーンとか、そういうところを多分聴いてると思うのですけど、坂本美雨さんの歌は、そのあたりがしっくり来ない感じがしていました。たくさん聴いてみたらまた違った感想になっていたかもしれませんが、音楽って(言葉は悪いですけど)我慢して聴くものじゃないですよね。なので、その時はそれで終わってたんです。

今回のアルバムは、蓮沼執太さん率いる蓮沼フィルが演奏してて、蓮沼さんが曲を作ってるそうで、それが坂本美雨さんの声にしっくり来てると思った。声にしっくり来てたというか、声も含めて、まとまりのある、いいものになってるんじゃないかなあ、と思ったのほうが近いかもしれないです。

ともかくそう思ったのでアルバムを予約して、ようやく届いたので聴いてみたのです。それは期待に違わず、むしろ期待以上によいものでした。素敵な音の集まり。心地よい時間を過ごせました。通勤中の車で聴いたので、聴くことには集中出来ず、周囲の色んな音がある中ではありましたが、むしろリラックス出来たように思います。

歌や楽器は少し遊んだことがある程度で、音の良し悪しとか上手下手とか分かりませんし言えた立場ではありませんが、このアルバムは、よいものだと思います。初回限定盤はPV&メイキングのDVDもついてきてお得ですよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿