新レインウェア・Marvel Peak 「Airly Rain Suits」

タイトルの通り、新しいレインウェアを購入した。



現在使用しているのは無名の安物だが、そもそも雨の日は山に行かないし、途中で天候が変わるような高所登山や数日間に渡る山行もしない(出来ない)ので、全く困ることはなかった。冬山は冬山用のアウターが別にあるので、とにかく出番がなかった。しかし、出番が無いからといって、持たないでよいというわけでもない。むしろ常に持ち歩くことを考えると、安物は性能と重量のバランスが非常に悪い(重くて耐水圧が低くて透湿性も低い)ので、出来ればより高機能なものか、もしくは軽量なものが欲しかった。





おりしも、モンベルからゴアテックスのラインナップの中でも軽量性を重視した素材・パックライトを使用した超軽量なレインウェア、「トレントフライヤー」の新型が出るということで期待していた(しかも旧モデルから大幅に安価になった)。モンベルの定番といえばストームクルーザーだが、他社製品に比べて十分軽量化されている同製品でも上下で500gはあるところ、新しいトレントフライヤーはジャケットが220g、パンツが180g、合わせて400gと更に軽くなっている。実物を見ると数字以上に軽さを感じたのだが、軽い分強度は落ちていると思われたので、これを買うなら少し重くても丈夫なストームクルーザーでもいいのでは……と更に悩むことになってしまった。

しかし、いずれを選ぶにしても上下で3万円オーバーと安い買い物ではない。630gもあって少々重いが性能は十分でかつ非常に安価(13,500円)なミズノのベルグテックEX・ストームセイバーIVレインスーツなどと比べると、使用頻度も踏まえて自分にはオーバースペックなのでは?と疑問を持った。また、滅多に使わないが常に持ち歩くという状況を考えると、同じ価格でももっと軽いものはないのか?とも考えた。

そこで目をつけたのが、ネット上で全然情報が出回っていない(と思われる)、フェニックスの登山ブランドである「Marvel Peak」 から出た、Airly Rain Suits(エアリーレインスーツ)。好日山荘の店頭で見つけたのだが、裏地なしの生地でいかにも軽そう。防水透湿素材として独自の「LEVEC」なるものを使用している。公式サイトの機能紹介ページをみると、同じ名前で異なる性能のものが幾つかあって迷うところだが、商品についていたタグには以下のように記載されていた。


<表側>
Waterproof and Breathability System
LEVEC
Ultimate Performance


<中側>
アウトドアにおける過酷な環境でのアクティビティをサポートする高耐水圧 高透湿素材。親水性無孔質メンブレンによるラミネート素材なので、メンブレンが水蒸気だけでなく、水分も吸収する性質を持ち、ウェア内での結露が格段に低く、ウェア内部からの濡れを防止します。
(耐水圧:20,000mm、透湿性:20,000g/m2/24hours)

この性能について聞くところによると、ゴアテックスに比べて耐水圧は劣るが透湿性はなかなかとのこと。また、この「親水性無孔質メンブレン」は、一度メンブレンが水を吸って、反対側に放出するタイプだそう。具体的な使用状況がイメージしづらいが、現在の自分の山行……低山日帰り速攻……で考えると、強い雨が吹き付けたり、その状況で停滞したりするシーンはまず無いので耐水圧は低くても良さそう。また気温は高いことが多いし汗もかきがちなので、透湿性は高いほうがよく、結露もしにくいほうが望ましいと思われるので、うってつけなのではないだろうか。そして、気になる重量は、LLサイズの実測でジャケットが207g、パンツが165g、合わせて372g。(おそらくMサイズかLサイズの数字が謳われていると思われる)トレントフライヤーを下回った。ちなみに収納袋は10g。サイズはLかLLで迷ったのだが、ピッタリ過ぎると着込んでいる状況で着用しづらく動きにくいと思われたことと、Lだとパンツの丈が不足気味だったのでLLにした。身長173cmだが、LLでよかったと思う。

生地の質感はとてもソフトで、トレントフライヤーにあるような若干のしっかり感もない。雰囲気的にはモンベルならEXライト ウインドジャケットに近い感じか。丈夫さでいうと、トレントのほうが上かもしれない。軽さとのバーターだから、致し方ない。

機能的には、フード周りは顔周り&頭周りのドローコードがついていて、庇には硬めの生地が使用されており、面ファスナーで前後も調整出来るので十分だと思われる。袖口も面ファスナー、ポケットは高めの位置にベンチレーションを兼ねたものがついていて、当然ながら止水ファスナーが使用されている。前立ても止水ファスナーで、裏に浸水防止のフラップがついている。裾は細いドローコードで締められるタイプ。パンツも裾はドローコードで締められ、左右外側にフラップで覆われたファスナーがついており脱ぎ着しやすく出来ている。ただファスナーの長さはモンベル製品ほどは上まで開かないので注意が必要かもしれない。パンツにはポケットは無いが前は普通に開いて脱ぎ履き出来るようになっている。極端に機能を切り詰めることなく、この軽さを実現しているのは素晴らしいと思う。

さて、後は実際に使用してみての感想だが……相変わらず雨降りの日には山には行かなさそうなので、あえて雨の日に着てみたいと思う。いきなり本番ではもしものことがあると困る。何事もシミュレーションとテストが肝心だと思う。

0 件のコメント :

コメントを投稿