2010年を振り返りつつ2011年を展望する

2010年は本格的?に山を志したという点で大きな1年だったように思う。
ごく近場の山歩きから、県内最高峰の氷ノ山まで毎月どこか歩くことが出来た。
それも、単独ばかりだったところに、2件の同行者あり登山まで経験した。
しかも雪(という程には積もっていなかったかもしれないが)の氷ノ山にも。
そういう意味では順調な1年だったと思う。

しかし、腰痛(の再発)、しかも2度(2ヶ所)のダウンはいただけなかった。
1度目は7~8月、疲労の蓄積による(と思われる)腰椎の椎間板ヘルニアの再発。
2度目は10~11月、クライミングジムのウォールからの飛び降りによる急性腰痛。
前者は何ともいえないところがあるが、後者は完全に自分のミスによるもの。
遊びで負傷していては、許してもらっている家族に合わせる顔がない。

2011年は、そんなミスがないように注意しつつ、更に山に向き合いたいと思う。
出来ることなら、新しい山にも行ったり、新しいジャンルを経験したりもしたい。
しかしそれが出来なくとも、自分なりの山を積み重ねていけばいいとも思う。
いつか立つ、憧れのピークを目指して。



0 件のコメント :

コメントを投稿